Cafe&Bar @nima

また取材かと思いきや・・・

元のサイトで完全版を読む
あまり電話が鳴らない当店ですが、かかってくる半数は勧誘です。 だいたい「オーナーはおられますか?」から始まります。 応対がめんどくさいので「今居ません」と言って切るのですが、今回は状況が違いました。 「取材をさせて欲しいのですが・・・」 先日タウン誌にも紹介されたので「またか!」と思いながら話を進めて行くと 「現代画報と言いまして・・・」  そんな雑誌しらんと思いながらさらに進めて行くと 「俳優の岡本富士太さんを連れて行きますので・・・」 そして電話口の後ろではどんちゃん騒ぎの音が聞こえます。 怪しい・・・ まぁでも最後まで付き合ってみるか、と思いながら取材を了解すると 「では、担当者に代わります。」 なんでいまさら人が代わるの?と思いながら待っていると 「担当者の玉置です。この度は宜しくお願いします」 とまた説明が繰り返されました。 そして私の事と店の事を褒めちぎって本題に入ってきました。 「まぁうちも経費とかかかってますので協賛と言うかたちでお願いしたいのですが・・・」 出た!出ました。 やっぱりそうか(笑) 「1ページの四分の一で7万円になりますが、良い話だと思いますよー」 それからお断りの話をするとしつこい事、しつこい事。 こんな商売もあるんですね~ 勉強になりました(汗)
もっと見る